食物繊維が体に必要な理由 不足するとどうなる?

 

食物繊維というと
繊維という言葉から
糸状のものを連想するかもしれませんが
さまざまな形状があります。

女性

食物繊維は
「人の消化酵素で消化されない
食物中の難消化性成分の総体」とされ、
小腸を通って大腸にまで達する成分です。

 

その働きには
腸内の悪玉菌を減少させてくれたり、
有害物質を減らすという作用
があります。

 

 

 

おなかのバランスを整える食物繊維

 

お腹の調子は善玉菌と悪玉菌の
バランスにより決まるので、

食物繊維は悪玉菌を減らすことによって
お腹の調子を整える働きをしているのです。

 

 

さらに、水溶性食物繊維である
難消化性デキストリンには
糖や脂肪の吸収を穏やかにしたり、
内臓脂肪や中性脂肪を減らす効果があり、
ミネラルの吸収を促進する
作用も認められています。

 

この難消化性デキストリンは
特定保健用食品に認められており、
水溶性で水に溶け、その水溶液は
ほぼ無色で粘度も低いため
多くの食品に応用され健康をサポートしています。

このように食物繊維は
人間の健康な体のために必要なものなのです。

 

 

食物繊維が不足すると起こる体の弊害は

 

食物繊維が不足すると体には
さまざまな影響があります。

まずは便秘、これは多くの人が知っている
事実だと思います。

便秘の状態が続くと、
便が長い時間大腸内に留まるため
大腸がんのリスクが高まります。

 

また体内の代謝が円滑にできなくなり、
肥満症や糖尿病になりやすくなります。

 

その上、動脈硬化や高脂血症、高血圧の
リスクも高まってしまいます。

 

虫歯や口内炎の原因にも
なることがあるとも言われています。

 

このように食物繊維が不足すると
体に多くの悪い影響があります。

難消化性デキストリンは
有効性、安全性ともに認められ、
さまざまな食品に利用されているため
手軽に摂取することができ、
不足しがちな食物繊維を補ってくれます。